建築窓ガラス用フィルム

ガラスに貼る事によって、日射調整や遮熱断熱効果、飛散防止効果、貫通防止(防犯)効果、紫外線カット、プライバシー保護、インテリア性の向上など、日常生活の中における多様な効果を生み出す事ができます。

オフィスビルにはじまり、店舗や工場、各公共施設、マンション、一般住宅にいたるまで、安全・安心・省エネ対策などの様々なシーンで活躍し、コストパフォーマンスと導入のし易さなどから、マーケットの拡大が期待されています。

GLAFIL(グラフィル) > 詳細ページ
有限会社タクミが輸入・販売している建築窓ガラス用フィルムです。
飛散防止フィルム(防災・減災用) > 詳細ページ
地震や台風の災害、衝突事故によるけがのリスクを大幅に軽減する効果が期待できます。窓ガラスにおいての安全な環境を比較的容易にかつ早急に整える事が可能です。
断熱遮熱フィルム(省エネ用) > 詳細ページ
日射しが強く暑い時期には日射熱を反射・吸収し遮熱効果を発揮。寒い時期には室内から屋外への熱を伝わりにくくする事により断熱効果が期待できます。
貫通防止フィルム(防犯、防災・減災用) > 詳細ページ
窓ガラスへの破壊行為に耐えて、侵入に時間をかけさせます。また、台風や竜巻などの突風による飛来物対策の強化版として用いられる事も多くなりました。
デザインフィルム(目隠し、デザイン用) > 詳細ページ
明るさを保ちつつ手軽にプライバシー保護ができます。デザイン用のフィルムであれば、ガラスへのコーディネートを自由に楽しむ事も可能です。
プロテクションフィルム > 詳細ページ
飛び石や擦りキズなどの外的要素から自動車のボディーを守る。
リアプロジェクションフィルム > 詳細ページ
ezsheet®(イージーシート) > 詳細ページ
窓からの気になる視線をカット!貼ってはがせる目隠しシート。賃貸物件や店舗などにおすすめのシートです。

建築窓ガラス用フィルムの素材と基本構造

建築窓ガラス用フィルムの材質は、主にペットボトルでも用いられているポリエチレンテレフタラート(以下PET)が使用されています。

その他、塩化ビニル製などのものもありますが、JIS規格(JIS A 5759)で定められているものは、薄くても強度のあるフィルムを作ることができるPET素材となっています。

紫外線対策にも有効

建築窓ガラス用フィルムには、省エネ用はもちろん、それ以外の飛散防止、防犯用などの透明なフィルムにも基本的に「耐紫外線処理剤」が使用されています。(内装用の一部は除く)

その為、フィルムを窓ガラスに貼るとUVカット効果が発揮され、通常はガラスに吸収されずに透過してしまうUVAもしっかりと防ぐ事ができるので、有効な紫外線対策が可能です。

※窓ガラスに貼る事で始めてUVカット機能が発揮されます。

建築窓ガラス用フィルムの信頼性

事務所、店舗、住宅など(以下建築物)の窓ガラスに貼付し、屋内の冷房及び暖房効果を高める為の日射遮蔽用フィルムや衝突、地震、爆発によって、建築物の窓ガラスが飛散落下することを軽減するためのガラス飛散防止フィルム。

また、その両方を兼ねた日射遮蔽・ガラス飛散防止用フィルムについての規定が日本工業規格(以下JIS)のJIS A 5759により定められています。

> JIS A 5759の詳細はこちら

建築窓ガラス用フィルムの耐久年数

フィルム本体(PET)部分の寿命は約10~15年です。(環境や貼り付けを行った施工者によって異なります)

外貼りの場合は、雨や風、直射日光などにより、内側に貼った場合と比べてフィルムの耐久年数が非常に短くなります。

貼り替えの時期は見た目に変化が現れ始めたらです。これは、空気に直接触れている表面ハードコーティング(SRC)が一番最初に劣化していくと考えられるからです。

■劣化について
表面ハードコーティング(SRC)が白濁して、ひび割れなどが発生する場合があります。粘着力などの性能はほとんど低下しませんが、フィルム本体であるPETは10年を過ぎると硬化する傾向があり、伸び率が低下していきます。防犯用は約10年を目安に貼り替えをしていただく事をおすすめします。