貫通防止フィルムとは

貫通防止フィルムは、窓ガラスへの破壊行為に耐えて、侵入に時間をかけさせます。また、防犯ブザーや補助錠などを取り付ける事により、互いに相乗効果を発揮し、侵入を諦めさせる効果がより期待できます。

常にに狙われやすい窓ガラスを強化して、侵入者に大きなリスクを負わせる為、侵入犯罪を防ぐアイテムとしては非常に効果的です。また、近年では、台風や竜巻などの突風による飛来物対策にも用いられるケースも見られるようになりました。

貫通防止フィルムの構造

基本構造は飛散防止フィルムと同じですが、PETフィルムを多層構造にする事により、優れた耐久力を発揮させています。

フィルムの厚みと耐久力はほぼ比例していますが、貼り付けるガラスの厚みにも左右されます。

一般的な3mmガラスに極厚のフィルムを貼っても強度はさほど向上しません。ガラスの厚みとフィルム厚みのバランスが大切です。

貫通防止フィルムの効果・信頼性

飛散防止フィルムと同じく、JISA5759に基づく様々な試験を実施する事によって、製品の検証を行っています。

図は、ガラスを鋭利な道具を用いて破壊する方法のひとつ「三角割り(三角切り)」に対する簡易実験の様子です。

ガラスのみの場合は、開始からわずか6秒。大きな音も立てずに窓を開ける事ができました。

フィルムが貼付されているガラスは、ヒビが入るものの、ガラスが脱落しないため、手を差し込んで開錠する事が困難です。また、ハンマーやバットなどで殴打しても、ガラスを簡単に破壊する事は難しい為、侵入者を焦心させ、犯行を諦めさせる事が期待できます。

地震や台風といった自然災害時にも活躍します。(瓦の落下に耐えたフィルム施工後のガラス)

■貫通防止フィルムは完全に侵入できないようにするものではありません
防犯部材(鍵やブザー等)の効果を補助するものとお考えください。 防犯フィルムを貼ったガラスから侵入する為には、ガラスを割る際に大きな音が発生し、たとえ割ったとしても貫通する事ができません。 大きなリスクと労力、そして時間がかかりますので、ほとんどの場合侵入を諦めると考えられます。 補助錠や防犯ブザー等を併用して設置した場合、その効果を高める働きがあるとされています。

貫通防止フィルムをお求めの方

下記のインターネットショップからご購入が可能です。

※法人様や定期的な使用・大量購入を予定されている方は、「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。